大きな勾玉を持って店前に立つうさぎに誘われ

店内へと進むと、沢山の「勾玉(まがたま)」グッズが販売されています。

 古来より勾玉には不思議な力が宿るとされ、魔除けや厄除けといった呪的な意味で身につけられてきました。

曲がった形をしているので「勾玉(まがたま)」と呼ばれる説が有力です。

 世界的に見ても日本や朝鮮の一部地域でしか発掘されず、それらは縄文時代にはすでに作られていたそうです。

それにしても不思議な勾玉の形ですが、この形には色々言い伝えがあるそう。

頭の部分が太陽を表し、

尾の部分が月を表していて、

この太陽と月が重なりあった形は大いなる宇宙を崇拝していたあらわれなのですね。

そして穴には祖先とのつながりを持つことにより、

我が身に降りかかる邪気・邪霊から身を守り、宇宙からの恩恵を受けたとされています。 


博物館クラス!超特大!糸魚川ヒスイ古代勾玉 小滝産

出雲大社の周辺のお店には、本当にたくさんの勾玉が売っているので、

気がついたら、1つ2つはお土産に買ってしまっているでしょう。。

そして、やっぱり有名なのが出雲蕎麦。新そばが食べたいな〜と

このうさぎの店の隣の蕎麦屋さんにふらっと立ち寄りました。

月見とろろ蕎麦

ちくわが添えられていたのが不思議でした。。

小丼ぶりご飯もお蕎麦もちくわも美味しくいただきました。

出雲アナヒータスタイル

新幹線/特急列車/飛行機で行く 国内ツアー